やっぱり王道は「太陽光発電」!

環境にやさしい発電といえば太陽光発電!

太陽光発電は水も空気も汚さないエコエネルギーの代表格として知られています。太陽の光が十分に届く屋根さえあれば、あなたの自宅でも簡単にエコエネルギーを活用した暮らしを始められるのです。でも、自宅の屋根にパネルを設置するにしても、どれだけの光を集められるのか、ランニングコストはかからないのかなど、不安な点もありますよね。
太陽光発電は基本的にはランニングコストがほとんどかからない発電といわれています。問題になるのは日照時間です。これについては、業者に依頼して実際に屋根に上って調べてもらう必要があります。木や建物などの障害物の確認、パネルの設置予定場所での日差しの強さ測定など、これらを総合的に判断するのです。無事をクリアできれば、準備は完了です。

太陽が出ない夜でも太陽光発電!?

太陽光発電は当然のことながら太陽からの光がないと発電ができません。夜になれば電力会社からの電気に頼ることになります。しかし、最近では昼間に発電していた電気を貯められる蓄電池が登場しているのです。蓄電池を搭載した太陽光パネルを設置すれば、夜に使う分の電気を蓄えることが可能になりました。パネルや蓄電池の性能にもよりますが、昼の天気が良ければ夜に使う分の電気は十分に貯められるのです。この機能があれば、停電時に役立つことはもちろん、電気自動車の充電や災害時の電力確保にも活用できます。
これだけのメリットがあるのなら、すぐにでも導入したいという方もいるのでないでしょうか。でも、焦りは禁物です。国や地方から出る補助金や業者による見積もりなどをしっかりと確認しておきましょう。