「エコエネルギー」ってなに?身近なものから中々見かけないものも!

自然エネルギーの代表格はやっぱり太陽光

住宅の中でも空調や給湯に関するエネルギーはとても大きいので、できるだけ自然エネルギーを利用して賄うことが重要ですよね。
自然のエコエネルギーの代表的存在となる太陽光は、太陽から無尽蔵に生み出される光エネルギーを電気エネルギーや熱エネルギーに変換して、家庭用の住宅設備や給湯に利用することができるのです。最近は太陽光発電パネルで集めた電気エネルギーを家庭用のエアコンの電源に利用したり、余った電気エネルギーは電力会社に買い取ってもらい利益を出すことも可能ですよ。
住宅の断熱性を高くして、空調が少しのエネルギーで効きやすくすると、光熱費の収支がゼロとなるゼロエネルギー住宅を提供するハウスメーカーも増えており、今後は太陽光発電設備は住宅のスタンダードになるかもしれませんね。

普段目に見えない地中熱エネルギー

エコエネルギーの中には、普段目に見えない部分にも蓄えられています。それは、地中熱エネルギーであり、一年を通して安定した温度を保っています。
暑い夏や寒い冬でも地中では20度前後の安定した温度環境になっており、夏は涼しい空気を供給し、冬は暖かい空気を供給することで、少ない電気エネルギーで室内を快適な温度に保つことが可能です。また、ヒートポンプという技術を組み合わせると、給湯の熱源として利用することができますので、余すところなくエコエネルギーを利用できる環境となっています。
イニシャルコストが高い傾向にあり、まだまだ導入されている住宅は少ないですが、今後や高性能で安価に工事ができるようになると、一気に採用率が高まるエコエネルギーだと言えるでしょう。